口臭

口臭は自分では分からない

口臭のいちばんの問題点は、その″におい″が自分では判断できないことです。口臭とは、呼気悪臭の総称です。呼気とは吐く息のこと、それに悪いにおいがするというわけです。

口臭でいちばんの問題は、そのにおいの存在を、自分自身ではまったく判断できないという点です。

そこから、いろいろな「社会的迷惑」が発生することになります。また、自臭症(自己臭症)のように、日臭にとらわれてしまう人がでてくるのです。

呼気悪臭の″悪臭″の原因物質はいったいどんなもの?

呼気そのものを採取して、直接、機器(ガス・クロマトグラフィー)で分析することが可能となり、内外の研究者によって、つぎの三種の揮発性硫黄化合物(VSCと略 ア記)が、日臭の主要原因物質であることが明らかにされています。

  • 硫化水素〓(腐ったタマゴのにおい。硫黄泉のにおい)
  • メチルメルカプタン〓(スカンクのにおい)
  • ジメチルサルファイド(腐ったキャベツのにおい)

とくに、硫化水素とメチルメルカプタンの二種が凶悪犯で、日臭から検出された全硫黄化合物のうちの、ほぼ九〇パーセントを占めています。

口臭の主要成分である揮発性硫黄化合物(VSC)は、唾液中に含まれる細胞成分(上皮細胞・食ベカス)から、口腔内に常在する細菌のなかでも、たんばく質分解酵素を産生する菌によってつくりだされます。陰性嫌気性細菌がそれです。

そして、チオールや二硫化物という代謝過程を経て、最終的に、アミノ酸、アンモニア、何種類かのアミン類、そして化学的に活性度の高い硫化水素、メチルメルカブタン、さらにジメチルサルフアイドをつくりだすことが認められています。

ところで、わたしたち日本人の主食である米には、ほかの穀類に比べて硫黄をもつ含硫アミノ酸が多く含まれています。炊きたてのごはんの芳香のなかにもごく微量ながらVSCが含まれいて、ごはんの香りを構成しているのです。

口腔内から直接呼気を採取しておこなう口臭の原因物質の分析とともに、唾液と悪臭との相関性についても、いくつもの研究がおこなわれています。

唾液は、分泌されたときは無色無臭です。しかし、その唾液が口腔内に長時間停滞することによって、唾液中に含まれているたんばく質や食ベカスなどが、口腔内に常在しているいくつかの細菌群(グラム陰性嫌気性細菌)によって分解され、悪臭を放つ腐敗唾液となります。

ある細菌は、純粋培養をしても悪臭がないにもかかわらず、他種類の細菌類と共存すると、強烈な悪臭を産生することも報告されています。

さて、唾液を腐敗させて生じる臭気物質としては、やはり、硫化水素、メチルメルカプタンが検出されています。そのほかにも、わずかですが、スカトールやインドール、アミン類やアンモニアなどが悪臭源として明らかにされています。

スカトールは糞便のにおいとして、みなさんもよくご存じの物質です。

しかし、スカトールやインドール、アミン類は非揮発性です― また唾液中にイオンとして存在しているために、たとえ口臭官能試験の値を超えるレベルが存在していたとしても、現在においては口臭に関連する物質とはみなされてはいないのです。

また、義歯の放つ臭気物質としては、悪臭度の酷いカプロン酸(ヤギのような臭気)が検出されています。

-口臭
-