未分類

足が臭い原因と対策

足は実感としてあまり感じることができないのですが、どうしても汗をかいてしまうので、臭いがしてしまいます。

多くの原因がありますが、まず挙げられるのは、履いている靴の蒸れによる雑菌の繁殖。

通気性の良くない靴下やストッキングを履いて靴を履くと、当然靴の中は蒸れている状態となります。

この状態で、雑菌が汗と混ざって悪臭を発するのです。

足の裏にはエリクソン腺という発汗腺があり、そこから汗が多量に出て、その量は1日にコップ1杯分とも言われています。

この汗が靴や靴下の中で蒸れの原因となり、細菌が汚れを分解する時に悪臭を出します。

ですので靴下やストッキングは出来るだけ通気性の良いものを履くようにして臭い対策をしましょう。

足の臭いの対策

冬場のブーツや夏場のサンダル、ミュールも通気性に優れたものを履くようにしましょう。

特に足の臭いが気になるという方は通気性の良い天然の革靴をおすすめします。

実は靴のサイズ選びも大事なことであり、ピッタリとフィットする靴を選びましょう。

しかし正しい靴選びをしたからと言って、その靴を毎日履き続けると効果はなくなります。

ですから適度に洗うようにし、洗い終えたら3日程度日干しにすると臭いがしなくなります。

靴に足の臭いが染み付いてしまったら、市販の消臭専用のスプレーをかけたり、お茶ガラを乾燥させたものを入れると臭いが消えるので試してみてください。

いずれにせよ「蒸れないようにする」ことが大切になります。

その他の足の臭う原因に水虫がありますが、水虫が足の臭いの原因となっている方は、医師の治療を受けるようにしましょう。

また足の臭いは、食べ物によっても影響されます。

足の臭いを抑えるための食事は出来るだけ脂っこい物を摂らないことだと言われています。

特に動物性タンパク質や乳製品を多く摂ると、脂質が沢山分泌されます。そしてエリクソン腺が活発になり汗をかきやすくなるので、結果として足もニオイを発しやすくなります。

自身の足の臭いに悩んでいる人であればこれらの食品を控えるようにしましょう。

他にも辛い食材、臭いのきつい食材(ニンニク・ニラなど)、多量のアルコールなども足の臭いの原因となりますので摂取量をよく考えましょう。

これらの商品を控えるかわりに緑黄色野菜・納豆・小麦胚芽・うなぎなどビタミンB2やビタミンEを多く含んでいる食材を進んで摂るようにして下さい。

足の臭いはバランスの取れた食生活と適度の運動を心がけることで予防・対策が出来ますので、普段から気をつけて生活を送るようにして下さい。

水虫の治療法

足の臭い原因が水虫である場合には、まずはしっかりと水虫を完治する必要があります。

水虫の治療薬は市販薬でもあるのですが、完治まで結構時間がかかるためお金もそれなりにかかることとなります。

そのため、皮膚科で診療を受け、治療薬を処方してもらったほうが早く治り、治療費も経済的になることが多いようです。

-未分類
-